ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2018年6月発行)

リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2018年6月発行)

  • ベンダー評価:日立製作所
    2018年6月29日
    J. Palmer H. Katayama M. Suzuki A. Velosa T. Friedman H. Aoyama A. Nakao R. Sallam T. Ikeda G. Spivak P. Havart-Simkin A. Roy

    日立製作所は、複数の事業セグメントにわたって事業を展開するグローバルIT/オペレーション・テクノロジ・ベンダーであり、サービス・プロバイダーである。日立は産業IoTの新会社Hitachi Vantaraの設立により、ユーザー企業のCIOおよびITリーダーに対し、本拠を置く日本以外での事業拡大の方向性と、グローバル市場へのデジタル・ソリューションの提供者としての自社の立ち位置を示している。

  • 初期のAIプロジェクトから学ぶべき教訓
    2018年6月20日
    W. Andrews

    AIは企業に対して、実質的なメリットをもたらし始めている。本リサーチノートでは、今後、AI関連のプロジェクトに着手しようとするITリーダーが、他社に先駆けてAIを導入した企業から学ぶべき教訓を解説する。

  • 三井住友フィナンシャルグループに見るRPAプロジェクトに不可欠な視点
    2018年6月20日
    S. Yamanoi Y. Adachi

    企業内でRPAの導入を担うリーダーは、プロジェクトの推進においてどのような点に配慮すべきであろうか。三井住友フィナンシャルグループの取り組みからそのヒントを読み解く。

  • データ・サイエンス/機械学習プロジェクトに潜む6つの落とし穴
    2018年6月8日
    N. Shen A. Linden C. Idoine J. Hare E. Brethenoux

    データ・サイエンスや機械学習のプロジェクトには、プロジェクトの成功を妨げたり、データ・サイエンス/機械学習への組織全体の信頼を損なったりする落とし穴がある。ITリーダーは、こうした6つの重大な落とし穴を回避するために、本リサーチノートで提示するチェックリストを活用されたい。

  • Microsoftソフトウェア契約:Office 365ライセンスの交渉術
    2018年6月5日
    T. Ebina K. Shiga

    Microsoftのソフトウェア製品は、ビジネス上欠くことができないIT資産である。そのライセンス契約の適否や交渉は、ITリーダーの主要課題の1つになっている。本リサーチノートでは、同社の製品の中でもITリーダーの関心が最も高いOffice 365について、ライセンス契約を交渉・締結する上で押さえなければならないポイントを解説する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright