ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2018年5月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2018年5月発行)

  • デジタル・ビジネス時代のアプリケーション開発:ビジネス機会の創出に貢献せよ
    2018年5月31日
    Harutoshi Katayama K. Iijima

    デジタル・ビジネスの進展は、テクノロジを活用した新しいサービスの創出と、環境の変化に俊敏かつ柔軟に対応できるビジネス・プロセスの見直しを企業に促す。IT部門には、それを実現するアプリケーション開発/デリバリの実践が求められるようになる。

  • オープンソースDBMS市場の現状:2018年
    2018年5月31日
    M. Adrian D. Feinberg

    オープンソースDBMS市場は成長を続け、製品とベンダーも成熟してその対応範囲を拡大している。データベース管理者やアプリケーション開発者をはじめとするデータとアナリティクスのリーダーは、データ管理の取り組みにおいて、新規か既存かにかかわらず、オープンソースDBMSを利用するという選択肢を検討すべきである。

  • エコシステム戦略の推進にデジタル・ツインを活用する
    2018年5月25日
    A. Velosa D. Kutnick B. Lheureux S. Brand

    デジタル・エコシステムのリーダーシップを確立するために、先進的な企業は、複数の組織による新しいマスタ・データを巡って、デジタル・ツインに対応したコラボレーションを図るようになる。CIOは、自社エコシステムの影響力を高めてその規模を広げ、将来のエコシステムがもたらす破壊的な影響に対峙するために、デジタル・ツインを活用すべきである。

  • ワークフォース・エンゲージメント管理のマジック・クアドラント
    2018年5月25日
    J. Davies S. Harrison D. Kraus

    真に貢献意欲が高いコンタクトセンターの従業員の存在は、差別化とリスク軽減の機会をもたらすが、その実現には、彼らの日々の役割を管理するための考え方とテクノロジを調整する必要がある。このような変革に取り組むアプリケーション・リーダーは、正しい選択を行う上で、本マジック・クアドラントにおけるベンダーの評価を参考にされたい。

  • デジタル変革の秘訣はアナログにあり:デジタル・デクステリティの高い従業員が成功の鍵を握る理由
    2018年5月25日
    M. Cain G. Waller

    従業員のデジタル・デクステリティを高める文化を醸成することで、企業が大きなビジネス価値を実現できる絶好の機会が到来している。アプリケーション・リーダーは、ビジネス成果を向上させるために、既存か最新かにかかわらず、従業員がテクノロジを使用する能力と意欲を高められるよう支援する必要がある。

  • 機械学習による予測モデルを自動作成するツールやテクノロジが与える影響
    2018年5月25日
    T. Ichishi

    機械学習による予測分析のモデルを自動的に作成するツールが市場に現れ、データ・サイエンティストの負担を減らして市民データ・サイエンティストを支援することが期待されている一方、ITリーダーや経営層の予測分析に対する理解は不足していることが多い。本リサーチノートでは、新しいツールやテクノロジが企業の予測分析の取り組みに与える影響を明らかにし、ITリーダーに対応策を示す。

  • 日本におけるデータ流通や取引の現状に関する考察
    2018年5月25日
    T. Ichishi

    日本企業は、特定のグループや資本関係を持たない企業間でのデータ取引について、欧米企業に比べると消極的といえる。これは、企業のデータ活用に対する文化の成熟度が低い点もさることながら、実績が少ない取り組みに関するリスクを懸念している点、特に個人情報の取り扱いに神経質である点が大きな阻害要因となっているからである。本リサーチノートでは、データとアナリティクスのリーダーに対し、データを売買あるいは交換する取り組み、すなわちデータの流通や取引における日本の現状を紹介する。

  • クラウド・オフィスがワークプレース革新に与える影響
    2018年5月18日
    K. Shiga T. Ichishi

    Microsoft Office 365やGoogleのG Suiteといったクラウド・オフィスには、ワークプレースに革新をもたらし得る斬新な機能が豊富に含まれており普及が進んでいるものの、多くの企業は、これらの機能をどこから使い始めるか、またどのように使っていくべきか思案している。本リサーチノートでは、ワークプレースの革新のために、企業が優先的に利用すべき3つの機能の影響を評価し、今後、CIOをはじめとするITリーダーが取るべき対応について提言する。

  • AIが財務管理アプリケーションに及ぼす影響
    2018年5月15日
    N. Rayner C. Iervolino

    AIは、財務管理アプリケーションの重要なテクノロジの1つになり、同アプリケーションの差別化を実現する。ただし、現在は採用の初期段階にあるため、アプリケーション・リーダーはベンダーによる過剰な喧伝に乗せられるのではなく、AIがビジネス価値をもたらす仕組みと時機に注目すべきである。

  • 営業実績管理のマジック・クアドラント
    2018年5月15日
    M. Hilbert J. Poulter T. Travis

    営業実績管理ソフトウェア市場は、今なお12〜13%の年間成長率を記録しており、市場規模は現在の8億5,000万ドルから、2022年には14億ドルに達する見込みである。営業を支援するアプリケーション・リーダーは、インセンティブ/報奨金管理に注力するとともに、営業活動の効率化からプラン/プロセスの最適化へと取り組みを拡大するために、高度なアナリティクスを活用すべきである。

  • 音声認識/分析および人工知能を活用し顧客応対業務を変革せよ
    2018年5月10日
    K. Kawabe

    音声認識/分析、および人工知能の技術的発展による顧客応対業務の変革に、大きな期待が寄せられている。本リサーチノートでは、業務効率とカスタマー・エクスペリエンスの向上を同時に満たすような革新的で実用的なテクノロジやアプリケーションの導入・活用方法について考察し、顧客関連のアプリケーション・リーダーに提言する。

  • 最新のプライバシー関連規制は顧客とのつながりを強化するのか、悪化させるのか
    2018年5月2日
    J. Sussin B. Willemsen A. Frank I. Hansen

    EU一般データ保護規則やその他の最新のプライバシー関連規制の発効により、顧客は自身に関するデータへのコントロールを取り戻す新たな機会を手にしている。CRMとカスタマー・エクスペリエンスをサポートしているアプリケーション・リーダーは、顧客が不信感を抱いて離反しないよう、顧客のプライバシーを維持する必要がある。

  • BI/アナリティクス・プラットフォームのマジック・クアドラント
    2018年5月2日
    C. Howson R. Sallam J. Richardson J. Tapadinhas C. Idoine A. Woodward

    近代的なBI/アナリティクス・プラットフォームは、多くの企業で採用され、次第にクラウド・ベースで展開されるようになっている。拡張アナリティクスを取り入れることで市場の革新が進み、使い勝手も良くなるにつれて、データ/アナリティクス・リーダーは、従来のソリューションをアップグレードし、新たなベンダーを加えてポートフォリオを拡充している。

  • ソフトウェア・テスト自動化のマジック・クアドラント
    2018年5月2日
    J. Herschmann T. Murphy

    アプリケーション開発の近代化に当たるアプリケーション・リーダーは、高品質なアプリケーションを早期に実現するというニーズの高まりに直面している。本マジック・クアドラントでは、機能の自動テストの迅速かつ大規模な実施や、DevOpsに必要とされる継続的なテストを可能にする主要ベンダーを評価する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright