ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年11月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年11月発行)

  • Microsoft OneDrive for Businessの採用がOffice 365のシナリオにもたらすメリット
    2017年11月30日
    M. Basso G. Tay

    Office 365を採用する企業は、OneDrive for Businessの将来性について不安を抱くことが多い。アプリケーション・リーダーは、Office 365を展開するに当たり、社内の生産性とコラボレーションを強化する手段としてOneDrive for Businessを評価する必要があるが、コンテンツ管理といった複雑性の高い作業向けには、ほかのエンタプライズ・ファイル同期/共有製品を優先すべきである。

  • 優れたAIOpsを実現する12のステップ
    2017年11月30日
    W. Cappelli C. Fletcher P. Prasad

    AIOpsプラットフォームから最大限の価値を獲得するために、I&Oリーダーは、本リサーチノートで解説する12のステップに従い、ITオペレーションに関する作業とプロセスを抜本的に変更する必要がある。

  • I&O自動化イニシアティブを成功に導く:5つのベスト・プラクティス
    2017年11月30日
    R. Naegle

    I&O部門のリーダーは、自動化イニシアティブの社内展開を複雑化させる5つの課題に気が付いている。本リサーチノートでは、これらの課題を克服し、I&O自動化を通じてサービス・デリバリの品質および効率を改善する活動の助けとなるベスト・プラクティスを解説する。

  • マネージド・セキュリティ・サービスのマジック・クアドラント:世界市場
    2017年11月30日
    T. Bussa K. Kavanagh S. Deshpande

    マネージド・セキュリティ・サービスを検討しているセキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、効果的な脅威検知機能とコンプライアンス機能を備え、サービスをグローバルに提供するプロバイダーを特定し評価する際に、本マジック・クアドラントを活用すべきである。

  • ソリッド・ステート・ストレージ・アレイの評価時に必須の10の質問
    2017年11月30日
    J. Palmer J. Unsworth V. Filks

    ソリッド・ステート・アレイを調査しているI&Oリーダーは、互いに競合するベンダー群とそのフラッシュ・ストレージ製品に対して、近代化の目的に沿った客観的な評価方法を必要としている。本リサーチノートでは、I&OリーダーがSSAベンダーのソリューションを選定する際に問うべき質問の概要を示す。

  • ブロックチェーンがもたらすビジネス価値の予測についてCIOが知っておくべき3つの事項
    2017年11月30日
    J. Lovelock D. Furlonger

    ブロックチェーンがもたらすビジネス上の付加価値は、2025年までに1,760億ドルに成長する。2025年までの間、CIOは先駆者となることで獲得できる大きなビジネス価値と、その価値の獲得を目指す企業の大半にとって障害となるコスト、技術面の問題、法的制約、パートナーに関する問題との間でバランスを取る必要がある。

  • ブロックチェーン・テクノロジ・プラットフォーム市場の進化
    2017年11月20日
    R. Valdes R. Kandaswamy D. Furlonger

    ブロックチェーン・テクノロジ・プラットフォームの市場では、既知の企業と新興企業の合計70社以上が競合状態にある。CIOがプラットフォームの選定リスクをコントロールするには、ブロックチェーン・テクノロジが進化する過程と、市場での競合に関連した動向を認識する必要がある。

  • コンピューティング・プラットフォームの注目ベンダー:2017年
    2017年11月20日
    A. Butler P. Dawson J. Palmer G. Weiss

    ハイパーコンバージェンスを検討中のI&Oリーダーは、新たなベンダーが本市場で強力なイノベーションを生み出していることを目の当たりにする。これらの新世代のベンダーは、現状のボトルネックとスケーリングの限界を解消すべくさらなる革新に注力している。本リサーチノートでは、既存市場の破壊を促すこの一大革命において最前線に立つ、5社のベンダーにスポットライトを当てる。

  • もし、サイバー攻撃を受けてしまったら − 業務の混乱への備えと対応
    2017年11月20日
    R. Witty J. Morency R. McMillan R. Rhame

    サイバー攻撃が急速に高度化し規模が拡大しているという経営層の認識は、企業の財務や評判に及ぼす影響に対する認識と同様に、世界で飛躍的に高まっている。企業全体でのリスクの効果的な封じ込めを確実なものとするために、サイバーセキュリティと事業継続管理のリーダーは、対応プロセスやリカバリ・プロセスを調整すべきである。

  • 情報セキュリティ・ガバナンスを連邦型組織の企業に導入する
    2017年11月10日
    J. Wheatman R. McMillan T. Scholtz

    連邦型の組織構造を採用している企業による情報セキュリティの導入は、利害関係者の目標、成熟度、リスク受け入れのレベルがそれぞれ異なるため、容易なことではない。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、リスクと機会のバランスを取るために、こうした違いに対する説明責任を果たし、リスク管理目標をサポートするガバナンス構造を導入する必要がある。

  • デジタル・ビジネス・プラットフォームに向けてI&Oの体制を整える5つのステップ
    2017年11月2日
    H. Marquis M. Govekar A. Chandrasekaran

    エコシステムを支えるデジタル・ビジネス・プラットフォームの構築に向けて、インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、新たな能力を獲得していかねばならない。そのために、デジタル・プラットフォーム・エンゲージメント・モデルに示された5つのステップを実行する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com












gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright