ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年7月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年7月発行)

  • クラウド採用によるハイブリッドWANアーキテクチャの強化
    2017年7月25日
    B. Munch N. Rickard

    多様な分散型のクラウド環境でアプリケーションのパフォーマンスを制御して最適化するために、I&Oリーダーは、インターネットとMPLSを併用するハイブリッドWANアーキテクチャを採用し、トランスポートの相互接続性およびアプリケーション・ポリシー管理機能の最適化に注力する必要がある。
  • 無償版Linuxは有償版Linuxに対抗する有望な選択肢か
    2017年7月20日
    G. Weiss

    I&Oリーダーは、Linuxの有償サブスクリプションの必要性を、あらゆる分野で確認し見直す必要がある。クラウドを含む近代的で俊敏なIT環境では、無償版のLinuxを利用することで2〜3年の間にサブスクリプション・コストを50%も削減できる上、無償版Linuxの一部は有償Linuxディストリビューションとソースが同一である。
  • イノベーション・インサイト:FIDOのプロトコル
    2017年7月20日
    M. Bhat A. Singh

    FIDOの2つの標準であるUAFとU2Fのプロトコルは、認証に関する特定のユースケースにおいて有望であり、付加価値をもたらす可能性を秘めている。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、パスワードに代わる選択肢としてはU2Fを、多要素認証を検討する場合にはUAFを評価すべきである。
  • 会話型プラットフォームのアーキテクチャ
    2017年7月14日
    M. Revang B. Manusama A. Mullen

    会話型インタフェースは人間とマシンとの関わり方に革命をもたらすものであるため、テクノロジ・イノベーションを推進するリーダーは、この新しいパラダイムを理解して他社に後れを取らないようにする必要がある。本リサーチノートでは、一般的な会話型アーキテクチャという視点で、チャットボット・フレームワークと仮想アシスタントに注目する。
  • 日本における一般用途向けストレージ・システムのマジック・クアドラント
    2017年7月14日
    M. Suzuki S. Zaffos

    日本のストレージ市場は、ベンダーの統合、買収、新興ベンダーや新しいテクノロジを交えた競合によって変貌しつつある。I&Oリーダーは、本マジック・クアドラントで解説するベンダーのマーケティング、販売、ストレージ・ポートフォリオの変化を正確に理解することによって、適切なストレージ製品を選択できる。
  • IoT戦略に着手する際にはプライバシーを保護せよ
    2017年7月10日
    B. Willemsen D. Mahdi

    IoTデバイスが生成するデータのボリュームは未曽有のレベルに達しており、多くの場合、そこには機密性の高い個人情報が含まれている。IoTに注力しているセキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、収集した情報の利用に責任を持ち、コンシューマーのリスクとビジネス上のリスクを分けて考える必要がある。
  • オープンソース・ソフトウェアについてCIOが知っておくべきこと
    2017年7月10日
    M. Driver

    オープンソースは今や、現代のIT業界に不可欠な要素である。CIOは、この強力なソフトウェア開発モデルから考え得る限り最大のメリットを獲得すべく戦略を策定し、オープンソースに固有のリスクとメリットを管理する必要がある。
  • オープンソース・ソフトウェアについてCIOが知っておくべきこと
    2017年7月10日
    M. Driver

    PCの調達を担当するインフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、OSの導入計画やユーザーの業務スタイルに合わせてハードウェアを慎重に選ばなければならない。2017年における企業向けPCの構成は、Windows 7と最新世代のプロセッサを取り巻く問題により、一層複雑化している。
  • ノートPCとデスクトップPCの推奨構成:2017年
    2017年7月10日
    S. Kleynhans F. Troni

    PCの調達を担当するインフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、OSの導入計画やユーザーの業務スタイルに合わせてハードウェアを慎重に選ばなければならない。2017年における企業向けPCの構成は、Windows 7と最新世代のプロセッサを取り巻く問題により、一層複雑化している。
  • ロボティック・プロセス・オートメーションのマーケット・ガイド
    2017年7月5日
    C. Tornbohm

    ロボティック・プロセス・オートメーション・ツールは、コストの削減、入力ミスの排除、処理の高速化、アプリケーションの連携を実現する手段である。エンタプライズ・アーキテクトは、こうしたツールの機能を把握し、自社の業務におけるニーズを評価する必要がある。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright