ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2017年4月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2017年4月発行)

  • APIとAPIエコノミーについてCIOが知っておくべき10項目
    2017年4月25日
    P. Malinverno K. Moyer M. O'Neill M. Gilpin

    APIは、新たなビジネス・チャンスをもたらす。しかし、あまりにも多くのCIOが、自社のビジネスモデル、デジタル戦略、エコシステムをAPIに基づいたものとするのではなく、APIを単なるテクノロジと見なすという誤りを犯している。
  • デジタル・コマースの最新動向:2017年
    2017年4月25日
    J. Daigler S. Shen C. Fletcher P. Gillespie M. Lowndes M. Lewis

    デジタル・コマースを支援するアプリケーション・リーダーにとって、卓越したカスタマー・エクスペリエンスで差別化を図ることは、依然として主要な目的である。本リサーチノートでは、多大な先行投資を伴わず、優れたエクスペリエンスを速やかに提供できるよう意図されたテクノロジと戦略について概説する。
  • サーベイ・アナリシス:日本企業におけるBIとデータ活用の高度化へのヒントを探る
    2017年4月25日
    H. Horiuchi

    ガートナーITデマンド・リサーチが2016年11月に実施した調査の結果、大企業におけるBIツールの導入率は80%に達したものの、既に導入している企業であっても利用者やデータ分析の適用領域は限定的であり、企業内へのBI/データ分析の浸透は道半ばであることが分かった。本リサーチノートは、日本のユーザー企業におけるBIツールの選定傾向やデータ分析への取り組み状況を踏まえ、BI/アナリティクスのリーダーが取るべきアクションについて提言するものである。
  • マスタ・データ管理ソリューションのマジック・クアドラント
    2017年4月25日
    A. Duncan M. Selvage S. Judah

    最高データ責任者を筆頭とするデータ/アナリティクス・リーダーは、データを資産として扱っていく上で、リーダーシップを発揮する必要がある。本リサーチノートでは、データ/アナリティクス・プログラムの要であるデータ品質の管理において、データ/アナリティクス・リーダーが意識すべき重要な指針を示す。
  • 最高データ責任者はデータ品質プログラムをどのように推進すべきか
    2017年4月25日
    A. Duncan M. Selvage S. Judah

    最高データ責任者を筆頭とするデータ/アナリティクス・リーダーは、データを資産として扱っていく上で、リーダーシップを発揮する必要がある。本リサーチノートでは、データ/アナリティクス・プログラムの要であるデータ品質の管理において、データ/アナリティクス・リーダーが意識すべき重要な指針を示す。
  • データベースの移行を決断する前に検討すべき事項
    2017年4月20日
    R. Greenwald D. Feinberg A. Ronthal

    DBMSの製品/サービスや導入モデルの変更は、運用および保守のコストを削減する可能性を秘めている。データとアナリティクスのリーダーは、移行プロジェクトにどの程度の時間と労力がかかるかを正確に把握することが成功の鍵になると認識すべきである。
  • データ活用のベスト・プラクティス:その1 − スコープの設定と取り組みへの準備
    2017年4月20日
    T. Ichishi

    多種多様なデータを活用したいというニーズがビジネス部門において高まる中、IT部門の多くはビジネス部門が必要とするデータを提供できずにいる。本リサーチノートでは、データを活用したいと考えるビジネス部門の期待に応え、ビジネスの中で目に見える成果を上げるために、ITリーダーが必ず実行すべき4つのアクションの概要を提示する。
  • ベンダー評価:SAP
    2017年4月14日
    M. Pezzini D. Feinberg N. Rayner F. Biscotti D. Prior L. Samolsky C. Pang B. Prentice T. Oestreich B. Lheureux D. Smith C. Hestermann K. Harris-Ferrante N. Montgomery A. Woodyer

    SAPは、顧客やパートナーに大きな影響を及ぼす戦略的な変革を進めようとしている。本リサーチノートでは、CIOやITリーダーが自社にとってのSAPの妥当性を評価する手助けとなるよう、さまざまな分野にわたり、ITメガベンダーとしてのSAPを評価する。
  • ソフトウェア・テスト自動化のマジック・クアドラント
    2017年4月14日
    J. Herschmann T. Murphy

    市場投入までの時間を短縮し、品質を向上させる必要があるため、機能テストを効果的に自動化するツールの需要が高まっている。本マジック・クアドラントでは、ソフトウェア開発を近代化しているアプリケーション・リーダーが、ニーズに最も適したテスト自動化ツールを選択できるよう、この領域のベンダーを評価する。
  • Microsoft Office 365の採用が自社のグローバル・ライセンス戦略に及ぼす影響とは
    2017年4月14日
    S. White A. Preset

    Microsoftのグローバル価格設定戦略は地域別に策定されており、現在では製品やサービスごとに異なる価格が設定されている。テクノロジ調達リーダーは、テクノロジに関与するステークホルダーからの情報を集め、Office 365の採用によるメリットを実現するために、グローバルでのアプローチを見直さなければならない。
  • データベース・アプライアンスを取り巻く市場の変化を理解し、次の更改に備えよ
    2017年4月14日
    T. Ichishi

    データベース・アプライアンスは、大企業におけるデータウェアハウス用途での導入を皮切りに、中堅・中小企業でも、またOLTPデータベースにも使われるに至ったが、クラウドの登場でその意義が問われている。ITリーダーは、今後もアプライアンスを用いるべきか否かを判断するために、こうした市場の変化を理解する必要がある。
  • ベンダー評価:Salesforce
    2017年4月5日
    M. Maoz E. Thompson Y. Natis G. Phifer P. Sullivan G. Kreizman N. Wynne R. Sallam C. Fletcher J. Freyermuth L. Cannell P. Gillespie R. Marshall J. Sorofman O. Huang A. Zijadic J. Wong T. Travis A. Woodyer J. Liversidge D. Smith N. LeBlanc

    Salesforceは、2017会計年度の売り上げが80億ドルを超え、顧客エンゲージメントに特化した7つの主要ソフトウェア製品ラインを25カ国以上に提供している。本リサーチノートでは、CIOやアプリケーション・リーダーが自社にとっての妥当性を評価できるよう、Salesforceを複数の領域にわたって評価する。
  • サーベイ・アナリシス:デジタル・ビジネスによるマーケティング業務の変化を先取りし、テクノロジ活用を支援せよ
    2017年4月5日
    N. Heudecker

    データ・レイクは、ガバナンスが欠如したり、節度ある対応ができないユーザーがいたり、非合理的なデータ・フローがあったりすると失敗してしまう。データとアナリティクスのリーダーは、データ・レイクが適切に運用されるよう、データの取得、洞察の創出、最適化とガバナンス、アナリティクスへの利用といった一連のフローを理解し、それぞれを仮想的または物理的に分離した設計を進める必要がある。
  • サーベイ・アナリシス:デジタル・ビジネスによるマーケティング業務の変化を先取りし、テクノロジ活用を支援せよ
    2017年4月5日
    N. Heudecker

    データ・レイクは、ガバナンスが欠如したり、節度ある対応ができないユーザーがいたり、非合理的なデータ・フローがあったりすると失敗してしまう。データとアナリティクスのリーダーは、データ・レイクが適切に運用されるよう、データの取得、洞察の創出、最適化とガバナンス、アナリティクスへの利用といった一連のフローを理解し、それぞれを仮想的または物理的に分離した設計を進める必要がある。
  • サーベイ・アナリシス:デジタル・ビジネスによるマーケティング業務の変化を先取りし、テクノロジ活用を支援せよ
    2017年4月5日
    N. Heudecker

    データ・レイクは、ガバナンスが欠如したり、節度ある対応ができないユーザーがいたり、非合理的なデータ・フローがあったりすると失敗してしまう。データとアナリティクスのリーダーは、データ・レイクが適切に運用されるよう、データの取得、洞察の創出、最適化とガバナンス、アナリティクスへの利用といった一連のフローを理解し、それぞれを仮想的または物理的に分離した設計を進める必要がある。
  • サーベイ・アナリシス:デジタル・ビジネスによるマーケティング業務の変化を先取りし、テクノロジ活用を支援せよ
    2017年4月5日
    K. Kawabe

    ガートナーITデマンド・リサーチが企業内のエンドユーザーを対象に実施した調査の結果、マーケティング業務はデジタル・ビジネスの影響を強く受けているものの、デジタル・マーケティングおよび関連テクノロジのスキル習得が重要視されていないことが分かった。企業のCIOやITリーダーは、このような傾向を踏まえ、デジタル化が進むマーケティング業務をテクノロジの面で支援していく必要がある。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright