ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2017年3月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2017年3月発行)

  • IT戦略計画の策定方法
    2017年3月31日
    H. Katayama

    デジタル化によって、企業が大きな戦略的目標にアプローチしてそれを達成する方法に変化が生じている。CIOは、社内に分散しているITプランニングを統合することを通じて、ビジネス成果の実現および、そのために必要な能力の獲得に重点的に取り組むべきである。
  • IT投資対効果を明らかにするために押さえるべきポイント:評価プロセスとKPI (2017年更新版)
    2017年3月24日
    H. Katayama

    IT投資戦略に不可欠なプロセスである投資効果の測定は、実際には容易にできるものではない。しかしながら、システムの分類に応じた指標を使って投資に優先順位を付けることはできる。本リサーチノートでは、2013年11月の発行時の内容を大幅に更新し、ガートナーの投資分類をデジタル・ビジネスも含めてより明確にし、実際に日本の企業が利用しているKPIを事例として採用した。
  • 2017年の展望:デジタル全盛期に、IT部門が直面する2つの「不都合な真実」
    2017年3月24日
    E. Matsubara Y. Matsumoto

    デジタル化を推進していく上では、自社のITでその変化に追従できるようにしなければならない。IT部門には、デジタル化のプロジェクトにおいて慌てることのないよう、あらかじめ準備しておくことが求められる。
  • 2017年の展望:デジタル全盛期に、IT部門が直面する2つの「不都合な真実」
    2017年3月24日
    E. Matsubara Y. Matsumoto

    デジタル化を推進していく上では、自社のITでその変化に追従できるようにしなければならない。IT部門には、デジタル化のプロジェクトにおいて慌てることのないよう、あらかじめ準備しておくことが求められる。
  • IT財務管理ツールを購入する前に、なぜ必要なのかを確認する
    2017年3月24日
    R. Naegle J. McGittigan

    先を見越したIT支出の管理を求める圧力を受け、ITリーダーは、IT財務管理ツールの購入を急ぐことが多い。より適切なツールを選択するためには、まず「最適化」「透明性」「IT需要管理」「コンプライアンス」という4つの要因のどれが、自社においてツールを必要とする理由に最も当てはまるかを特定すべきである。
  • IT財務管理ツールの実装を成功させるために不可欠な5つの行動
    2017年3月24日
    R. Naegle

    IT財務管理ツールの実装を成功させるためには、ITリーダーはツールの選択の前に、本リサーチノートに示す5つの行動を起こさなければならない。
  • 日本におけるITマネジメント分野のリサーチ概要:2017年
    2017年3月17日
    I. Cox L. Weldon M. Sinha

    ガートナーは、デジタル・ビジネス戦略の策定と実現の両方においてITの重要性が高まっていることを反映するために、戦略的プランニングのフレームワークを改定した。本リサーチノートでは、この改定が必要になった理由と、それらがCIOに及ぼす影響を解説する。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright