ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2017年3月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2017年3月発行)

  • ERP投資から価値を得るためのフレームワーク
    2017年3月24日
    C. Hardcastle D. Ganly

    ERPへの投資から価値を得ることは、多くの企業にとって課題となっている。ポストモダンERP戦略は、優れたビジネス成果とメリットを実現する機会をもたらすが、ERPリーダーは、事業部門の利害関係者と協力しながら、ERPのメリットの実現に注力し続けなければならない。
  • アプリケーション・テスト・サービスのマジック・クアドラント:世界市場
    2017年3月24日
    S. Matson P. Sullivan G. van der Heiden

    アプリケーション・テスト・サービスのアウトソーシングは成熟した市場であり、デジタル化のサポートに合わせたサービス内容によって発展し続けている。ソーシング・マネージャーは、自社が求める作業範囲に適応したサービス・プロバイダー候補のリストを作成するために、本マジック・クアドラントを活用されたい。
  • ERP投資から価値を得るためのフレームワーク
    2017年3月24日
    C. Hardcastle D. Ganly

    ERPへの投資から価値を得ることは、多くの企業にとって課題となっている。ポストモダンERP戦略は、優れたビジネス成果とメリットを実現する機会をもたらすが、ERPリーダーは、事業部門の利害関係者と協力しながら、ERPのメリットの実現に注力し続けなければならない。
  • 2017年の展望:信頼性と「自らやって来るコマース」によって、デジタル・コマースに新たなチャンスが生じる
    2017年3月24日
    J. Daigler S. Shen P. Gillespie G. Alvarez

    デジタル・コマースの新しいビジネスモデルが出現している。デジタル・コマース・テクノロジを担当するアプリケーション・リーダーは、信頼性を維持し、顧客データのセキュリティとプライバシーに関連するベスト・プラクティスに準拠する一方で、こうしたビジネスモデルを検討しなければならない。
  • 2017年の展望:日本におけるアプリケーション
    2017年3月17日
    K. Iijima K. Motoyoshi Harutoshi Katayama K. Kawabe

    アプリケーション領域では、デジタル・ビジネスの取り組みを背景とするデマンドの増大が全域において見られ、「迅速性」の実現が重要となっている。迅速性を実現するために、アプリケーション・リーダーは新しい発想へと転換し、新たな手法に取り組むべきである。
  • デジタル・ビジネスを「文明のインフラストラクチャ」として考える
    2017年3月15日
    J. Lopez H. LeHong D. Kutnick

    企業や政府機関は、デジタル文明の基盤となる新たなインフラストラクチャの構築を進めている。CIOは、文明のインフラストラクチャを構成する5つの領域で生まれている新たな機会をつかむために、ビジネス・リーダーと協力しなければならない。
  • 2017年の展望:モバイル・アプリと開発
    2017年3月15日
    A. Leow V. Baker R. Marshall M. Revang J. Wong

    「ポストアプリ」時代には、モバイル・アプリ戦略と「モビリティ」の定義が変化する。モビリティがデジタル・ビジネスの入口となるにつれて、アプリケーション・リーダーは、消費者をつなぎとめるべく、モバイル・アプリと関わる新たな方法を数多く取り入れなければならない。
  • サーベイ・アナリシス:MicrosoftはGoogleよりも急速にクラウド型電子メールのシェアを拡大する
    2017年3月15日
    N. Drakos J. Mann

    ガートナーは、さまざまな規模、業種、地域の上場企業におけるMicrosoft Office 365とGoogle G Suiteに関連したパブリック・クラウド型電子メールの採用について、定期的に調査を行っている。アプリケーション・リーダーは、クラウド型電子メール・ソリューションの導入を計画する際に、本リサーチノートに詳述する最新の分析結果を活用されたい。
  • サーベイ・アナリシス:急速に浸透する兆しが見えるクラウドERP
    2017年3月10日
    K. Motoyoshi

    ガートナーが2016年5月に実施したクラウドERPに関する調査では、ERPをオンプレミスのみで利用する企業が5年後に急減し、クラウドERPを利用する企業が主流になる傾向が見られた。ITリーダーは、自社における将来のERPシナリオを明確化した上で、クラウドERPを活用する場合には、ベンダーのロードマップが自社の方針に沿っているかを見極める必要がある。
  • 2017年の展望:インメモリ・コンピューティングの革新は続く
    2017年3月3日
    F. Biscotti M. Pezzini P. Vincent R. Edjilali N. Rayner D. Feinberg T. Palanca

    デジタル・ビジネスの変革により、複数の組織から成る複雑なエコシステムにおけるアプリケーション、システム、エンドポイントの間のつながりがこれまで以上に拡大している。統合を担当するアプリケーション・リーダーは、この新たな現実に対応するために、ほとんどのメンバーの権限を改めなければならなくなっている。
  • 最高データ責任者が非協力的なビジネス・ステークホルダーと共に取り組みを進める方法
    2017年3月3日
    A. Duncan T. Oestreich G. Herschel

    データとアナリティクスに関する新たな取り組みを進めることは、絶好と思われるタイミングでも難しく、ステークホルダーが乗り気でない場合は、特に困難になる。データとアナリティクスを担当するリーダーは、非協力的なステークホルダーにビジネス価値を実証して支持を得るために、さまざまな技法を採用する必要がある。
  • 2017年の展望:全方位的な統合の一般化が迫る
    2017年3月3日
    K. Guttridge M. Pezzini E. Thoo E. Golluscio

    デジタル・ビジネスの変革により、複数の組織から成る複雑なエコシステムにおけるアプリケーション、システム、エンドポイントの間のつながりがこれまで以上に拡大している。統合を担当するアプリケーション・リーダーは、この新たな現実に対応するために、ほとんどのメンバーの権限を改めなければならなくなっている。
  • 2017年の展望:デジタル・ワーカーにも重点を置き始めたHCMテクノロジ
    2017年3月3日
    R. Hanscome J. Freyermuth J. Kostoulas M. Lougee H. Poitevin

    熾烈な人材獲得競争が続く中、ITリーダーは従業員のエクスペリエンス改善に注力するようになる。具体的にはサービス・デリバリの改善や、組織における多様性の受け入れを進める「ダイバーシティ・アンド・インクルージョン」に対応したHCMシステムの構築に加え、「デジタル・ワーカー」の活用による人材パフォーマンスの強化を図るであろう。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright