マーケット・ガイド (2017年)

2016年のレポート一覧はこちら

レポート一覧 - 2017年7月31日 時点

  • 日本国内には、CRMアプリケーション・ソフトウェアを提供する大小さまざまな国産ベンダーが存在する。本マーケット・ガイドでは、CIOおよびCRMアプリケーション・リーダーを対象に、そのような国産CRMベンダーの位置付けと特徴を解説し、選定の際の留意点を提言する。

  • ロボティック・プロセス・オートメーション・ツールは、コストの削減、入力ミスの排除、処理の高速化、アプリケーションの連携を実現する手段である。エンタプライズ・アーキテクトは、こうしたツールの機能を把握し、自社の業務におけるニーズを評価する必要がある。

  • セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、重要なデータに対する脅威とコンプライアンス上の問題を緩和するために、データ中心型の監査と保護の製品を採用する必要がある。これらの製品は、オンプレミスやクラウドの数多くのサイロにわたって保存されているデータにアクセスするユーザーの、悪意ある挙動や不適切な行動をモニタリングして対応する。

  • モバイル・アプリ開発は、コードやプログラムを書く開発者だけのものではない。高速モバイル・アプリ開発ツール市場の成長には、コスト効率に優れたアプリを迅速に開発するための「コーディングを必須としない」ツールに対する積年の需要が表れている。アプリケーション開発リーダーは、本リサーチノートを使用して、ビジネス価値を即座にもたらすツールを選定すべきである。

  • 本マーケット・ガイドでは、顕在化しつつあるITレジリエンス・オーケストレーション自動化ソフトウェア市場を評価するとともに、商用ソリューションの代表的なベンダーを評価する。IT製品/サービス・リーダーは、本マーケット・ガイドを利用して、潜在的なパートナーや買収候補を見極める必要がある。

  • ITレジリエンス・オーケストレーション自動化のマーケット・ガイド 2017年4月28日 J. Morency N. Kumar 本マーケット・ガイドでは、顕在化しつつあるITレジリエンス・オーケストレーション自動化ソフトウェア市場を評価するとともに、商用ソリューションの代表的なベンダーを評価する。IT製品/サービス・リーダーは、本マーケット・ガイドを利用して、潜在的なパートナーや買収候補を見極める必要がある。

  • クラウド・ワークロードには、エンドユーザー向けエンドポイントとは異なるセキュリティ要件があり、プライベート/パブリックのハイブリッド・クラウド・コンピューティング・モデルを採用する場合にはこの要件の違いがさらに複雑になる。CISOは、ハイブリッド・クラウド・ワークロードの保護向けに設計された専用製品を展開しなければならない。

 

2016年のレポート一覧はこちら

■マーケット・ガイド

初期の市場、成熟市場、小規模市場への理解を深めたいときにはマーケット・ガイドをご確認ください。
マーケット・ガイドの日本語レポートはこちらからご確認ください。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン株式会社(Gartner Japan, Ltd.)
〒105-6205 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー5階(受付)
代表電話: 03-6430-1800
Webサイト: http://www.gartner.co.jp
E-Mail: japan.support@gartner.com